名古屋 派遣看護師

医療者側の都合で左右される患者さんたち。患者さん主体の医療はまだまだ実現していません。

私は看護師として働き始めて何年も経つんですけど、病院で働いていると、矛盾を感じる事って沢山ありませんか?
納得出来ない事や疑問に思う事も沢山あるんですよね。
かといって、どうする事もできないんですけど、、、。

 

例えば、外来では、常に患者さんが沢山受診に訪れているので、待ち時間がスゴく長いですよね。
病院によっては、朝からずっと待たされて、夕方になってやっと受診というところもあります。
やっと受診になっても、ほんの30秒くらいで、ろくに診察もしてくれないで、検査のデータだけ見て、
薬が処方される場合が沢山あります。
具合が悪い状態で、朝から夕方まで待合室で待っているのは、とても辛い事ですよね。
看護師に声をかけても状況が変わる訳でもなく、どんなに具合が悪くても、待つしかありませんよね。

 

それに、病棟の場合、こなさなければいけない業務が多くて、なかなか患者さんと関わる事ができませんよね。
忙しくて、ナースコールにすぐに対応する事もできない状態です。
患者さんは、体調が悪くて、自分で体を動かす事もできなくて、それだけで大きなストレスです。
そんな状態なのに、ナースコールに対応してもらえなかったり、ろくに訴えを聞いても輪得なかったりしたら、
さらにストレスが溜まります。

 

何だか、医療者側の都合で、患者さんが左右されてると思いませんか?
本当は、患者さん主体の医療でなければいけないと思うんですけど、そのような病院ってなかなかないですよね。
患者さんの立場になることで、患者さんの気持ちがわかるんだと思うんです。
そうする事で、患者さんと医療者の間の信頼関係ができて、良い看護やケアに繋がると思うんですよね。
そんな理想的な医療が実現する事を願っていますね。