名古屋 派遣看護師

病院で職場結婚

結婚を機に仕事を辞める、いわゆる「寿退職」をする看護師は私の周囲にたくさんいました。看護師の場合、“職場結婚”というと看護師同士か、相手がドクターということが多いのですが、私が以前にいた病棟では“職場結婚+寿退職”の人はほとんどが相手はドクターでした。逆の言い方で、極端な物言いをすると相手がドクターの場合はすべての人が辞めていました。病院ではなく、看護系大学の教員をしている人はいましたが、「ドクターの奥さん」になってからも病院で看護師をしているという人に私は会ったことがありません。私の経験がたまたま偏っているのかもしれませんが、ドクターの奥さんが病院で看護師をしているというケースはほとんどない、もしあったとしても極めて少ないのでは?と感じるほどです。一方、看護師同士の場合は辞める人もいますが、結婚後も働く人も多く、その場合は夜勤のない外来に変えたり、パートに切り替えるなど働き方を変える人もいます。看護師が「結婚を機に退職するか否か?」の判断に影響を与える要因としては結婚相手の経済力が重要なようで、辞めるかどうか?の話題によく出てくる言葉です。ドクターの場合は勤務医ですと「過酷な割に給料が安い」と指摘されますが、それでも一般の人に比べれば高額な給料を手にできます。経済的な理由だけで共働きをする必要はなさそうです。一方、結婚後に働いている看護師はいろいろな理由で働くことを決めたにしても、働くことによる経済的なメリットを理由の一つに挙げる人がたくさんいます。勤務先で違いはあるものの、看護師の給料は同年齢の人に比べると低くありません。夜勤手当などがあれば尚更で、経済的には働くメリットは大きいのです。しかし、メリットがあっても辞めたいという人はたくさんいますし、実際に辞めています。「看護の仕事はやりがいのある魅力的な仕事」、そう思っても働くとなれば職場の人間関係や仕事のきつさ等々は無視できない要因でしょう。それらを天秤にかけると、「できれば辞めたい」という気持ちの方に傾くのだろうと思います。潜在看護職を現役に!と、看護師団体や各都道府県等の公共団体が辞めた看護師へのアプローチに積極的ですが、職場環境を改善するアプローチも必要なのでは?と感じます。